Field Note

国際協力、食、農業、経済を主とした雑記

sponsored link

ビジネス

開発コンサルタントになりたい人へ。〜年収やキャリアパス、新卒でもなれるの?などの疑問に答えます〜

過去のエントリで、国際協力業界への就職について触れたけど、それに引き続き、今回は開発コンサルタントという仕事にスポットを当ててみます。 国際協力業界への関わり方の1つに開発コンサルタント、という職業があります。 実は国際協力のプロジェクト(…

就職活動の面接や喋るのが苦手な人に送る対策方法〜口下手な自分の経験を参考に〜

昔から人前で喋るのが苦手だった。 なので、就職活動の時の面接ではえらく苦労した。 準備した回答内容が話してる途中で頭から飛んで真っ白になったり 話してる途中で自分でも何を結論として着したいのかよくわからなくなってぐだぐだになったり。。。 今で…

小説でわかる、東芝の粉飾決算や半導体事業売却の裏側

東芝の巨額損失や半導体事業の売却が世間を騒がせてますね。 粉飾決算とか、半導体事業部の売却先に伴い、技術流出を危惧して外資には売れないとか。 こういうニュースを見る度に、真山仁さんの小説、”ハゲタカ”シリーズ思い出します。 自分が好きな小説ベス…

「楽な仕事なんてない、転職しても大変なのは変わらない」は本当か?

結論から言うと、全く大変さがない仕事はほとんどないと思います。 仕事内容も、人間関係も、全く苦労なくスムーズってことはなく、それなりに努力や苦労が必要です。 ただし、大変さの種類や、苦労の質は変えられます。 例えば、単純作業ばかりで、単調さや…

新採用の、私達は***な人材を求めています!が失敗に終わる理由

企業や公務員の採用ページやパンフレットっでよく見かけるフレーズです。 組織が自分たちに足りない部分を認識して、そこを持つ人材を採用しようとする、一見効率的なこの手法ですが、実は思わぬ落とし穴があります。 よくあるのが、 変化を恐れない人材を求…

その”めんどくさい”には価値がある

最近自分がウェブアプリケーションやサービスを作る側になって感じたこと。 作成者側はみんな何かしらの”不便さ”を探している。 なぜなら、ウェブアプリケーションなどのサービスは、”何かしらの不便さを解消する”と言う価値を買ってもらうと言うビジネスモ…

一年の半分以上を海外出張してる私の海外出張・旅行の持ち物リストを公開します!

海外出張(旅行)って荷物多いし、行き先が海外で、国内よりは長めになる分、普段国内では使わないような持ち物も必要になります。 行ってから、 あ!あれもってくればよかった! ってことはザラ。 ある程度出張になれた今でも持ち物はリスト化して、毎回チ…

自分を理解する、という資産

昨日のエントリで、 自分について理解することは人生の意思決定局面で大切、 と書いたので、自分や身の回りの事例を交えて、具体的に書いてみます。 まず、なんで大事か、ということ。 自分を正しく理解していると、 本当に自分がしたいことを選べて、後悔し…

作業時用BGMアルバム4選。ドライブや結婚式二次会等にもおすすめ。

普段作業中に聞いているBGMを紹介します。 主にJazz、カフェミュージック的な、 「落ち着いてるけど、そこそこ明るい感じ」 の曲が中心です。 結婚式の二次会のBGMやドライブにもぴったりです。 A Girl Meets Bossanova オリビア・オン ジャズ ¥1200 A Girl …

<書評>なぜ人と組織は変われないのか

年末年始に、 「なぜ人と組織は変われないのか ― ハーバード流 自己変革の理論と実践」 を読みました。 読書メモと感想を。 なぜ人と組織は変われないのか ― ハーバード流 自己変革の理論と実践 作者: ロバート・キーガン,リサ・ラスコウ・レイヒー 出版社/…

<書評>10年後、生き残る理系の条件(竹内健)

「10年後、生き残る理系の条件」を読みました。 10年後、生き残る理系の条件 作者: 竹内健 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2016/01/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (22件) を見る 備忘録と自分用メモに。 p45 下の方の基礎原理をしっかり…

実際にやってみる、ということの重要性

雲南省のど田舎で大型の重機を操作して建築物作ってるいる村人がいた。 おそらく、知識も何もないこのような人たちが、大型機械の操作が出来てしまうのは、学んだからとか習ったからではなく、実際にやってみて試行錯誤した結果、でききるようになったからな…

ベトナムで韓国製品が売れている意外なワケ

化粧品、レストラン、自動車、ベトナムへの韓国企業の進出はすごい勢いがある。 数年前まで、バイクでは圧倒的な優位を誇っていたHONDAでさえおされ気味。 化粧品も韓国メーカーが有名。品質は日本の方がいいはずなのに。 何でこうまで韓国企業の優位がつづ…

オンライン化(2D化)されるもの、リアル化(3D化)されるもの

最近、これまでリアルであったものの、電子化、オンライン化(2D化)が進んでいる。 銀行、Amazonなどの通販、電子書籍、行政などの各種手続きも電子化されているものが多い。 一方で、これまでオンラインや電子であったものを、リアルな世界にもってくる動…

爆買いはまだまだ続く。日本で売っている、ということの価値

アジアからの旅行者による爆買い。 円高を背景にやや下火、と言われているが、今後の見通しはどうなのか? 個人的には爆買いはまだ続く、と考えている。 理由は以下の通り。 1. 富裕層予備軍はまだまだいる ベトナムでは月給10万円程度でもiphone持ってる。 …

日本の家電メーカーが持っている、技術よりも価値のあるもの

最近凋落が著しい日本の家電メーカーだけど、外国人の間では依然として日本ブランドの神通力は健在だと感じる。仕事柄、海外に行ったり、外国から来た人に日本を案内することが多いのだけど、日本のメーカーは人気だし、買い物してても、製品をひっくり返し…

日本の携帯の通信料を下げるには

携帯キャリア各社が実質0円中止を打ち出してる。 一方、海外(例えばベトナムとかインドネシアとか)に行くと通信料金の安さとシンプルさに驚く。 数分の手続きでSimカードが購入できて、それを端末(Simフリー)に入れてすぐ使える。 料金は、プリペイド式で…

sponsored link