読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Field Note

国際協力、食、農業、経済を主とした雑記

国際協力を仕事にするには〜その1 情報収集編〜

外国語を駆使して、世界を飛び回って働きたい。

途上国の人たちの為に何かしたい。

漠然と国際協力業界で働きたいと思っているけど、どういうルートで仕事を見つけたらいいかわからない。

etc etc...

 

国際協力業界を目指す人がはじめにぶつかる状況だと思う。

かくいう自分も同じような状況に直面し、

もがきにもがいて、のたうちまわった挙句、晴れて(?)国際協力業界での仕事に辿り着きました。

 

この業界は特殊で情報を得るのも難しいと思うので、当時自分が苦労したこと、役立ったことなど、仕事を得るまでのプロセスをまとめておきます。

 

ちなみに自分の場合は、

- 理系

- 大学、大学院は全く国際協力と関係ない分野(ただし国際ボランティアに少し参加)

- 公的期間に就職し数年勤務(国際協力とは関係ない分野)の後転職

 

 というステップを踏みました。参考まで。

 

 1. 情報収集

業界に関わらず、就職、転職で大事なのが情報収集。情報源を上げていきます

 

PARTNER(ウェブサイト)

オススメ度 ★★★★☆

JICAが運営している国際協力関連の求人ウェブサイト。求人だけでなく、研修やセミナー、イベント情報もあるので、かなりの情報が集められる。国際協力業界で働きたいなら登録必須。

まだ具体的に就職、転職までは、、という人も情報収集のためだけにでも登録をお勧めします。

 

国際協力ガイド、国際協力キャリアガイド(書籍)

オススメ度 ★★★☆☆

毎年発行されている国際協力業界について書いている雑誌。細かい情報はないけど、業界の概要とか、仕事の種類、関連企業や組織がわかります。

 

国際協力キャリアガイド 2016~17―世界を目指す仕事と学びの進路ナビ Globalに生きる

国際協力キャリアガイド 2016~17―世界を目指す仕事と学びの進路ナビ Globalに生きる

 

 

国際協力ガイド〈2016〉

国際協力ガイド〈2016〉

 

 

国際協力ジャーナル

オススメ度 ★★☆☆☆

毎月発行されている国際開発業界の業界紙。事業分野のトレンドとか、業界で働いている人のインタビュー記事などが主。結構マニアックな内容で、業界で働いている人も、全部読んでる人は少ないと思う。自分が働いていた会社では自社に関連している部分があれば、当該ページに付箋がついて回ってくる程度。1冊くらい買ってみてもいいと思うけど、毎月買ってまで読み込んでも費用対効果はイマイチ。

 

JICA公示情報

案件公示検索 結果一覧 | 公告・公示情報/結果 | 調達情報 | JICAについて | JICA-国際協力機構

 オススメ度 ★★★★☆

JICAがプロジェクトの調査や実施を発注するための情報。

つまり、今まさにどんなプロジェクトが日本のODAで実施されようとしているかのトレンドが掴める。

開発コンサルタントを考えている人は必須。それ以外の人でもトレンドを掴むのに効率的。

公示情報から、分野のトレンドを見つつ、自分がどのような経験を積んで専門性を身につけていくか、その結果、どのようなプロジェクト、業務にフィットするか、を考えていけば、効率的にスキルアップしていける。

 

”その2 新卒からの就職編” に続きます。

 

 

こちらも参考まで

 

これまで読んで役に立った本たち