Field Note

国際協力、食、農業、経済を主とした雑記

転職しないための転職活動

転職は転職したいひとがするもの、と書くと当たり前過ぎますが、結果的に転職しなくても、転職活動自体が有益ということもあります。

 

1つの組織で働いていると、不平不満はたまる一方で、今の職場のいいところや、転職した場合の悪いところは見えなくなりがちです。

 

ありていに言うと、隣の芝生は青く見える、ってやつで、自覚しているようでも、

意外とバイアスかかっていること少なくありません。

 

自分の経験から言っても、転職を本気でしようと思って転職先を探し始めると、現在の職場や労働条件が実はそこまで悪くないと気がつくこともあります。

 

今自分の手元にあるものは欠点が目立つ一方で、未知のものはいいところばかりが見えてしまうものです。

 

不満を溜め込みながら働き続けるよりも、一度本気で転職するつもりで転職活動してみれば、意外と自分の今の職場が悪くないことに気づき、不満も減るかもしれません。

 

結果的に本当に転職してしまった場合はそれはそれでいいですし。