Field Note

国際協力、食、農業、経済を主とした雑記

開発コンサルタントに必要なスキル その3

引き続き、開発コンサルタントに必要なスキルシリーズ、その3

 

 

コンサルタントが避けて通れないのが報告書やプロポーザルの作成。

特に若手はチームのメンバーが作成した報告書の取りまとめ(各々の担当部分をまとめて1つの文書に編集する)や、プロポーザル(入札時に提出する提案書)の作成など、文書を作成したりまとめたりする作業をかなり担当することになります。

 

そんな時に必要なのがwordの操作スキル。

 

インデントの設定、ページ番号やレイアウトの設定など基本的なものからマクロなどまで、様々な操作スキルが求められます。

学生のレポートや論文は、その場しのぎにお茶を濁してこれた作業が、高いレベルで求められる感じです。

それまでなんとなく使ってたwordでしたが、結構奥が深かったです。

 

自分が特に役に立ったのは下記 

疑問解消!  しくみからよくわかるWord再入門 〔Word2013/2010/2007対応〕 (Wordで作ったWordの本)

疑問解消! しくみからよくわかるWord再入門 〔Word2013/2010/2007対応〕 (Wordで作ったWordの本)

 

 

これまで、Wordを使ってて、

 

ん?なんでそうなるの?

こうしたいのに、思った通りにならない!

なんか効率悪いけど、とりあえずなんとかなるから、まあいいか。。。

もっと作業を効率化したい!

 

なんて思ったことがある方はきっと得るものがあるはずです。

 

自分もそれまでなんとなくで使って来た部分理解、整理されてWord使うときのストレスが減りました。

 

新しく入った後輩の新人コンサルタントには必ず勧めています。

 

働き始めるとWordをコツコツ勉強している余裕も少なくなるので、できれば事前に身につけて置きたいです(自分の反省も込めて)。