Field Note

国際協力、食、農業、経済を主とした雑記

仕事辞めたい、仕事に行くのが辛い、転職したい、、、そんな時に助けになる本はこちらです。

 

1. うつヌケ

実際に鬱を克服した筆者が、鬱経験者を取材してそれをまとめた本。それぞれ実話なだけって、とても説得力があります。

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 

 

2. 走りながら考える

元ハードル選手の為末選手の著書。決して順風満帆ばかりではなかった著者の経験や、人生の節々でどのように意思決定してきたか、が綴られており、とても説得力があります。自分がやりたいこと、欲しいものは本当はこれじゃないんじゃないか?受験、就活、仕事、うまくいかないけど、うまくいかない現実と折り合いをつけられない、そんな時に是非読みたい本。

走りながら考える

走りながら考える

 

 

 3. MISSION
スターバックスCEOの岩田松尾さんの著書。
自分のMISSIONを持つとはどういうことか?スターバックスの価値とはなんなのか?
自分の天職を見つけるためには?進路や仕事に悩んでいる時、自分って何がしたかったんだっけ?という時に読むときっと得られるものがあります。
ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由

ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由